ヨクイニンってどんな成分?

わらびはだにも国産天然素材として配合されている「ヨクイニン」。



ちょっと変わった名前ですが、ハトムギ茶の原料であるハトムギの殻を剥いて取り出した種子から抽出される、意外と身近な成分なんです。

また、漢方薬などにも使用されている歴史ある生薬でもあります。


ヨクイニンは古くからイボケアに効果があると言われてきた美容成分で、内服用のサプリメントや化粧品の配合成分として取り入れられています。

イボ治療の漢方薬として、皮膚科でヨクイニンを処方されることもあります。


ヨクイニンは首イボや顔イボに効果があるのでしょうか?

また、ヨクイニンでイボを治そうとする場合、漢方薬やサプリメントとして服用するのと、ヨクイニンが配合されたクリームなどを塗布するのと、どちらのほうがより効果的なのでしょうか?


このページでは、そんな気になるヨクイニンとイボ効果についてご紹介します。

ヨクイニンの効果

ヨクイニンは、サプリメントとして服用する場合とクリームやジェルなどの化粧品として肌に直接塗布する場合とで、期待できる効果が異なります。

ヨクイニンを飲む:免疫細胞を活性化させる


ヨクイニンをサプリメントや漢方薬として内服すると、ウィルス性イボの改善・予防効果が期待できます。

ウィルス性イボは、ヒトパピローマウィルス(HPV)などのウィルスに感染して発生するイボで、手指にできやすい尋常性疣贅や顔にできやすい青年性扁平疣贅などがあります。

ウィルス性イボはウィルスが移動することでうつっていくので、つい引っ掻いてイボに傷をつけたり傷のある手指で触ってしまったりすると、そこからウィルスが新たに皮膚の中に入り込み、いつの間にか数が増えていることもある厄介なイボです。


ヨクイニンには抗腫瘍作用抗炎症作用免疫賦活作用(免疫細胞を活性化させる作用)があるので、薬として摂取することによって体内の免疫力を上げてウィルスを撃退し、イボを改善・予防してくれるのです。

この場合、ヨクイニンは体内の免疫細胞に働きかけてウィルスを攻撃させ、体の内側からイボを除去するサポートをします。ですので、ウィルスと関係のない老人性イボや摩擦が原因でできたイボには、ヨクイニンの免疫賦活作用の効果は期待できません。

老人性イボは加齢や紫外線による肌の老化やターンオーバーの乱れ、摩擦刺激による皮膚の角質化などが原因でできるものなので、免疫力の低下は直接的には関係がないからです。

ただし、ヨクイニンにはアミノ酸で形成されるタンパク質やビタミン、脂質、糖質、カルシウム、鉄分などがバランスよく含まれており、体の新陳代謝を活発にする働きがあります。

特に、タンパク質は白米の2倍以上も含まれていると言われていますが、タンパク質は健康な皮膚の再生には欠かせない栄養素です。

老人性イボを解消するには、加齢やストレスなどが原因で乱れた肌のターンオーバーを正常化させ、新しい肌細胞の生成を促さなければなりません。ヨクイニンが持つ豊富な栄養素はそのサポートに有効だと言えるでしょう。

ヨクイニンを塗る:優れた保湿効果を発揮


ヨクイニンが配合されている化粧品は、化粧水や美容液、保湿クリームなど、様々な種類があります。

ヨクイニンではなく、ハトムギやハトムギエキスという名前で表記されている場合もあります。


化粧品として配合される場合のヨクイニンには、主に保湿効果消炎効果を期待できます。



イボケアにとって保湿は非常に大切な要素です。肌が乾燥していると、外部からの刺激を受けやすくなり、皮膚表面の角質化やターンオーバーの乱れなど、イボが悪化しやすい状態になってしまいます。

ヨクイニンは、肌のみずみずしさを保つ天然保湿因子(NMF)を補う働きがあり、優れた保湿効果を示します。肌の状態を整えることで肌荒れや炎症を抑えるため、ニキビやポツポツ改善を目的とした化粧品に多く配合されています。


また、ヨクイニンには「コイクセラノイド」と呼ばれる成分が含まれています。

コイクセラノイドには肌の角質代謝を高める作用があると言われており、古くなった角質を体外へ排出するサポートをしてくれるため、老人性イボの解消への効果が期待されています。

わらびはだはヨクイニン配合のポツポツケアジェル

わらびはだには、ヨクイニンの他にも、ノーベル賞受賞歴もある美容成分「EGF」馬プラセンタ、アンチエイジングケアに欠かせないコエンザイムQ10ヒアルロン酸など、優れた保湿効果・美容効果を持つ成分がふんだんに配合されています。



加齢や紫外線・摩擦刺激などで傷ついた肌のターンオーバーを正常化し、角質の代謝を高めることで、効果的な首イボ・ポツポツ対策を始められるオールインワンジェルとなっています。

>>わらびはだの口コミと効果を見る